【外食】ターミナル地下の目ただないところに佇む町中華・ラーメン天鳳 (東京都 羽田空港)

■0245・2022年11月14日-11月18日 神戸/宮崎/大分/大阪.4泊5日-01

ご訪問下さいまして、誠にありがとうございます。
乗り物系・温泉・登山などの旅と食のブログ、シクタン.comと申します。

羽田空港第1ターミナル地下の目ただないところに天鳳と言うラーメン店があります。
ここの名物、天鳳麺が美味しいのです。
久しぶりに食べにいってみました。

※記事中[拡大]または◎を記している画像は、クリック・ドラッグすると拡大します。

ここは、東京都大田区の羽田空港です。
飛行機に乗るので、やって来ました。

第一ターミナル北ウイング隅っこの地下‥
空港内でも目立たないこの場所に、空港内の町中華と言いたくなるラーメン店があります。

ラーメン 天鳳

空港関連事業を手掛ける稲穂株式会社フード事業部が運営するラーメン天鳳

第1ターミナルが開業した同時の1993年にオープン。
空港ビルの中で目ただない場所にありながらも、曜日や時間帯によっては店外に並ぶひとができる羽田空港の隠れ名店なのですよ。
通路に並べられた椅子がこの店の人気度を物語っていますね。

訪れた日は、平日の夜とあったこともあり、待ち時間なしで入店できました。

[拡大]

この店の看板料理は天鳳麺
醤油ベースのスープに、とろみの少ない野菜たっぷり味噌ベースの餡かけ。
うずらのタマゴがアクセント。
この店ならではの味が楽しめる逸品です。

ラーメン天鳳の位置は、☝コチラ。
羽田空港第1ターミナル北ウイング地下の一番隅っこにあります。
店の前のローソンを目印にすると良いでしょう。

メニュー

[拡大]

天鳳麺を筆頭に、醤油/塩/とんこつ等のラーメン・担々麺・酸辣湯など麺料理が中心。
焼きそば・炒飯も・中華丼、セットやサイドメニューもあります。

価格は1,000円前後、空港内の飲食店としては、良心的な価格ですね。

[拡大]

白色スープのとんこつラーメンも各種ありますよ。

[拡大]

おっ!
時間限定で定食を始めたのですね。
ご飯大盛無料はありがたい。

[拡大]

食券を購入してから、店内に入りましょう。
入店待ちの方がいる場合、食券を購入してから席待ちの列に並ぶとのこと。

天鳳麺

天鳳麺にしましたよ。

秘伝のスープに細麺。
シャッキリ野菜たっぷりの味噌ベースの餡は、中華丼の餡よりトロミが少ないですね。

スープと餡が絶妙の味を作りあげ美味い!
こりゃ、クセになりそう。

空港内の町中華と言った風情のラーメン天鳳。
お値段がお高い空港にありながらも値段が抑えられているので、一般のお客様以外、空港職員の利用も多いお店です。
ターミナルビル地下の一番目ただない場所にありながらも、曜日や時間によっては店外に待ちができることがあります。

小さなお店で、カウンター席とテーブル席があります。
席は店員さんが案内するのですが、テーブル席に座りたいお一人の男性客と、カウンター席を促す店員さんとでトラブルとなり、怒った男性客は食事せず帰るのを見ました。

気軽にぶらっと入って、サクッと食事できるお店。
天鳳麺、美味しかったなぁ。

ご覧下さいまして、誠にありがとうございました。