【船旅】韓国・シーワールド高速フェリー/クイーンメリー2 (済州→木浦) 乗船記/航海編

■0342・2023年5月15日~19日.4泊5日-9

ご訪問下さいまして、誠にありがとうございます。
乗り物系・温泉・登山などの旅食事系のブログ、シクタン.comと申します。

済州島からフェリーで釜山へ向かおうと思いきや休航!
代案として木浦へ向かうことにしたら、就航船/クイーンメリー2は大阪-北九州航路で活躍した名門大洋フェリー/フェリーふくおか2でした。。
本記事は、シーワールド高速フェリー/クイーンメリー2(済州-木浦)の乗船記/航海編です。

※記事中[拡大]または◎を記している画像は、クリック・ドラッグすると拡大します。
※記事中の価格等は、2023年5月現在のものです。
※レートは2023年5月15日現在.100円=₩983-で表記しております。

ここは、韓国の済州島です。

画像は済州島のシンボル、トルハルバン(石じいさん)。
その正体は、村の災厄を追い払う守護神(道祖神)なんだとか。

釜山にて筆者が撮影したMSフェリー/ニュースター。

■釜山航路・MSフェリー/ニュースター。
この船、大阪-東予航路に就航していた四国開発フェリー(オレンジフェリー)おれんじ8です。
これからこの船で釜山へ向かおうと計画していたのですが、船舶整備で運休とのこと。

てな訳で、急遽計画を変更!
17:00出航の木浦行に乗ることに決め、国際旅客船ターミナルへやって来ました。

只今の時刻は16:37。
出航まであと23分しかありません。
急げ~

済州国際旅客船ターミナルの場所は、☝コチラ。

ハァハァハァ‥
ぎりぎり間にあいました。

拙い韓国語で乗船券を購入。
外国人が乗船券を購入する場合、パスポートの提示を求められます。
クレジットカード使えましたよ。

・乗船券(済州→木浦) 3等₩34,600-(3,523円)。

[拡大] 出典・シーワールド高速フェリー㈱

クイーンメリー2(済州-木浦)の運賃は、☝コチラ。
2024年1月のデータです。

=シーワールド高速フェリー/クイーンメリー2=
日本の山口県下関にある造船所/三菱重工業下関造船所で、2002年に建造されたフェリーです。
2022年に韓国/済州-木浦航路に就航しました。

🚢シーワールド高速フェリー:クイーンメリー2.木浦行
済州.17:00→木浦.21:30

実はこの船‥

大阪-新門司航路に就航していた、名門大洋フェリー/フェリーふくおかⅡ(9,731t)なのです。

大阪と北九州を結ぶ定期航路就航船として2002年10月から活躍してきましたが、後継となる新造船/フェリーふくおかの就航に伴い2022年3月に引退。
韓国に売船され、クイーンメリー2と改名。
これまで就航していたクイーンメリー(先代)の後継船として済州航路に就航しました。

出典・Bizn.donga.com(韓国ニュースサイト)

先代のクイーンメリーです。
日本の山口県下関にある造船所/三菱重工業下関造船所で、1998年に建造されたフェリーです。
韓国/木浦-済州航路では、2017年から2022年8月まで活躍しました。

実はこの船‥

大洗-苫小牧航路に就航していた、商船三井フェリー/さんふらわあさっぽろ(13,654t)なのです。

東日本フェリー/ばるなとして、直江津-岩内(北海道)航路に1998年に就航。
後に商船三井フェリー/さんふらわあさっぽろ(2代目)となり、大洗と北海道を結ぶ定期航路就航船として活躍してきましたが、後継となる新造船/さんふらわあさっぽろ(3代目)の就航に伴い2017年10月をもって引退。
韓国に売船され、クイーンメリーと改名されました。

出典・GoogleMap

韓国ではセウォル沈没事故を受け、旅客船運航業務年数基準を30年から25年に引き下げられたことから、船齢24年となったクイーンメリーは2022年8月をもって2度目の引退をします。
そして、バングラディッシュ/チッタゴンのスクラップヤードに回航され解体。
ばるな・さんふらわあさっぽろ・クイーンメリーとして活躍した雄姿は終焉を迎えました。

画像は、チッタゴンで解体されるクイーンメリー号。(涙)

では、乗船しましょう。

案内所で個室のキーを受け取る富裕層の上級船客の方々を横目に、今夜の城へ向かいます。

503号室は‥
あっ、ここですね。
入りましょう。

=エコノミー/3等室=
クイーンメリー2.最下級船室で、船旅の基本とも言える大部屋の和室です。

フェリーふくおかⅡ時代と変わりませんな。

=救命胴衣着用法&緊急避難経路図=
これは重要です。
よく見ておきましょう。

出航15分前です。
儀式に参列する為、甲板に出ました。

おっ!
タラップが外されましたよ。

ゴゴゴゴォー

巨大な船体が岸壁から離れていきます。

後進で離岸成功!
パチパチパチ‥

大阪南港に出入りしていたフェリーが済州に集結

韓国各地からのフェリーが就航する済州港。

手前の船は、莞島航路・韓一高速/ブルーパール (元.名門大洋フェリー/フェリーきょうとⅡ)。
奥の船は、鹿洞航路・南海高速/アリオンチェジュ (元.マルエーフェリー/琉球エキスプレス)。
今乗っているクイーンメリー2 (元.名門大洋フェリー/フェリーふくおかⅡ)。

偶然かもしれないのですが、大阪南港に就航していた船舶が済州に集結!
これは船好きにとってタマラナイ光景だ。

※2024年1月現在、ブルーパールは韓国済州航路での運用を終え、フィリピンへ売船されたようです。

あっ!
あの船は‥

ズームしてみましょう。
我が国日本を代表する豪華クルーズ客船、郵船クルーズ/飛鳥Ⅱですぞ。

博多発着済州島往復2泊3日のショートクルーズで、これから博多へ戻るみたい。
気になる代金を調べてみると‥
一番安いKステート 128,500円。
最上級船室となるS.ロイヤルスイート 607.000円!

はあぁ~
筆者の経済力では無理だ。

滞在時間1時間だったけど‥
済州島よ、一旦さらばじゃ。

船尾に大極旗を掲揚。
韓国の船に乗っていることを実感します。

[拡大] 出典・OpenStreetMap

済州→木浦/4時間30分の船旅が始まりました。

今日は海況が良く、動揺を感じません。
快適なクルーズになりそう。

船旅、サイコー!

今日は美しい夕日が見られそう。
その期待は後に裏切られることになります。

ちょっと昼寝をして、夕日を甲板に出てみたら‥

ありゃりゃ。
靄の中を航行していますよ。

こりゃ、夕日は見れませんね。
残念!

お腹すきましたね。
船内レストランで昼食にしましょう。

スントゥブチゲは、おぼろ豆腐のチゲ鍋です。

■スントゥブチゲ定食‥₩10,000- (1,019円)
①スントゥブチゲ
②大根キムチ
③オモク(練り物)
④白菜キムチ
⑤米飯
⑥カスビール‥₩2,800- (285円)

夜になりました。
甲板が濡れているところを見ると、雨が降ったみたい。

陸地が見えてきました。
暗くて見えませんが、複雑な海岸線を縫うように航行しています。

木浦到着時刻が確定。
定刻21:30着が21:15着となりました。

木浦大橋

前方に木浦大橋が見えてきました。

=木浦大橋=
木浦北港と高下島を結ぶ全長4,129mの自動車専用橋梁です。
2012年12月に開通しました。

この船旅のフィナーレ。
木浦大橋の下を通り抜けますよ。

おぉー!
近づいてキタキタ。

主塔と斜張橋のケーブルの形は、木浦の市鳥となっている鶴が二羽、木浦の海に飛んで行く姿を形象化したものなのだとか。

おぉー
こりゃ圧巻!

橋の真下を通過。
これぞ船旅の醍醐味。

んっ?
なんか、タワーらしき建造物が見えてきました。

タワーではなく、木浦海上ケーブルカーの支柱みたい。

木浦海上ケーブルカーは、木浦の街と海を一望できる全長3.23kmのロープウェイ。
韓国ではロープウェイのことをケーブルカーと呼び、木浦海上ケーブルカーは韓国最長の距離を誇るんだとか。

木浦海上ケーブルカー (コネスト)。

フェリー後方の眺め。
ライトアップされた木浦大橋と木浦海上ケーブルカーの支柱が未来的な景観を造りだしています。
夜景がとても美しいですね。

あっ!
着岸中の大型カーフェリーを発見。

ズームしてみましょう。
クイーンメリー2の僚船/クイーンジェヌヴィアみたいですね。

着岸地点となる、木浦港国際ターミナルが見えてきました。
神聖なる接岸の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

前進で着岸態勢にはいりましたよ。

僚船/クイーンジェヌヴィア

シーワールド高速フェリー/クイーンジェヌヴィア (木浦-済州)。
現代尾浦造船で建造された韓国国産の大型カーフェリーです。

この後、この船に乗ります。

狭い!
クイーンジェヌヴィアと接触しそう。
巧みな操船で最終の着岸態勢に入りました。

あぁ~
楽しい船旅が終わっちゃうよ~

ホーサーがビットにつながれました。

・ホーサー‥係留用ロープ
・ビット‥係留用鉄杭

21:23
着岸完了。
パチパチパチ‥

名残惜しいですが、下船しましょう。

木浦港国際旅客ターミナルの場所は、☝コチラ。

木浦に上陸。
ターミナルにあったシーワールドフェリーの看板。
クイーンメリー号(画像左の船)は、まだ旧2代目さんふらわあさっぽろのままでした。

クイーンメリー2の船内レポートは、☝コチラ。

釜山航路が休航だったので、済州-木浦航路に就航するクイーンメリー(旧2代目さんふらわあさっぽろ)に乗るつもりでいたのですが、なんか船の形が旧さんふらわあと違う‥
乗船してエントランスロビーの半円ソファを見て、これは名門大洋フェリーで活躍した船だとわかり、調べたら旧フェリーふくおかⅡでした。
この船は名門大洋フェリー時代に何度かお世話になった船だったので、韓国で活躍しているとわかり、なんだかうれしくなりました。

ご覧下さいまして、誠にありがとうございました。