【登山】3000m峰でも90分ほどで登頂可!乗鞍岳の主峰/剣ヶ峰登山

■0026・2021年9月6-7日 乗鞍高原1泊2日-6

ご訪問下さいまして、誠にありがとうございます。
乗り物系・温泉・登山などの旅食事系のブログ、シクタン.comと申します。

北アルプス乗鞍岳の主峰/剣ヶ峰に登りました。
この山は3,000級の山ですが標高2,700m付近までバスで行けるので、1時間30分ほどで山頂の地を踏むことができるのです。
それでは、レッツトライ!

4:52
乗鞍高原からご来光バスに乗って50分。
標高2,716mに着きました。
ここは、車道の日本最高地点並びにバス停なんです。

乗鞍高原からのバスで下車のみできます。
平湯温泉からのバスは経由しません。
また、乗鞍高原行の乗下車もできないので、ご注意下さい。

▲画像をクリックすると拡大します。

バス停前の広場からは、ご来光が拝めます。
本記事では、ご来光を拝んでから乗鞍岳の主峰/剣ヶ峰を登頂します。

乗鞍山頂(標高2716mバス停)から登山開始

▲画面クリックすると、拡大します。

2716m→富士見岳→肩の小屋→剣ヶ峰→肩の小屋→畳平. 約5.2kmを歩きます。

4:55
では、出発!
まずは、正面の富士見岳を登頂しましょう。

▲画像をクリックすると拡大します。

ぐんぐん登っていくと‥畳平が一望ですよ。

5:08
バス停から13分。
あっという間に、富士見岳山頂/E2,817mに着きました。

(E=標高.Elevation)

▲画像をクリックすると拡大します。

そして、東側‥
今日は雲海が広がり、大パノラマの景観が望めます。

▲画像をクリックすると拡大します。

夜明けの乗鞍岳‥
富士見岳山頂からご来光が拝めます。

乗鞍岳の主峰/剣ヶ峰(E3,026m)も見えてきました。
これから、アタックします。

5:15
富士見岳山頂から先に進みます。
この先、火口から1km圏内だそうです。

噴火の兆候はありませんが、注意して歩きましょう。

富士見岳からひと下りで、畳平からの道と合流します。
ここからも‥

▲画像をクリックすると拡大します。

5:20
ご来光が拝めます。

乗鞍岳のご来光

今日の日の出は5:26です。
ここでご来光を拝んでいきましょう。

空が赤く染まってきましたよ。
そろそろかな。

▲画像をクリックすると拡大します。

5:21
あっ!

おおぉ!
予定より早く、太陽が上がってきました。

乗鞍のご来光。
いやぁ、ずばらしい!

▲画像をクリックすると拡大します。

ありがたや~
ありがたや~

今日来て良かった。

▲画像をクリックすると拡大します。

パノラマモードでカシャ。

乗鞍岳/主峰 剣ヶ峰にアタック

畳平から剣ヶ峰へ高低差322mです。
肩の小屋まで、広いゆるやかな傾斜の道を歩きます。

凍っていますよ。
9月だと言うのに、ここは別世界です。

乗鞍岳とは、飛騨山脈南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰・朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳・富士見岳など23の峰からなる山々の総称です。

5:35
乗鞍岳山頂直下の山小屋/肩の小屋に着きました。
この山小屋はご来光や満天の星空を楽しむには絶好の地にあります。

5:37
ここから山頂まで50分ほどです。
ガンバロー!

肩の小屋から本格的な登山道となり、ザレた斜面を登ります。
足元に注意して慎重に登りましょう。

6:05
主峰.剣ヶ峰手前のピーク、蚕玉岳/E2,979m頂上です。
小さな石碑だけですが、蒼玉神社が祀られております。

さぁ、あと少しですよ。

6:10
山頂直下の頂上小屋に着きました。
宿泊はできませんが、乗鞍岳登頂の記念となる限定のお土産品等を販売しています。
まだ、開いていませんね。

では山頂へ‥
頑張れ、俺。

6:15
肩の小屋から38分。
この祠の裏側‥

乗鞍岳の主峰 剣ヶ峰/E3,026mの山頂に着きました。
剣ヶ峰は、本州を太平洋側と日本海側に分ける分水界上の最高峰でもあるそうです。

登頂の証し。
三角点にタッチしておきましょう。

山頂には、乗鞍本宮/奥宮が鎮座されております。

無事に登頂できたことに感謝して‥
パンパン.礼。

乗鞍岳/主峰 剣ヶ峰からの大パノラマ

▲画像をクリックすると拡大します。

それでは、山頂からの大パノラマを堪能しましょう。

南東~南の方角をパノラマモードでカシャ。

▲画像をクリックすると拡大します。

南の方角です。

①御嶽山/E3,067m
②恵那山/E2,189m
③大日岳/E3,014m
④屏風岳/E2,986m
~が一望ですね。

ズームしてみましょう。

御嶽山の雄姿が一望です。
今は静かな山容ですが、平成9月27日11時52分、噴火警戒レベル1の段階で水蒸気噴火をおこし、58名が犠牲となったのは記憶が新しいところです。
犠牲になられた方に対し慎んでお悔やみ申しあげます。

▲画像をクリックすると拡大します。

南西方向をパノラマモードでカシャ。

▲画像をクリックすると拡大します。

西の方向をパノラマモードでカシャ。

山頂部一帯は数キロにわたっていくつかの火口湖、山上台地などが形成され、夏でも豊富な残雪を残し、雄大で美しい景観をつくり出しています。

左下に池が見えますね。

ズームしてみましょう。
火口に水が溜った火口湖のひとつである権現池が見えます。

▲画像をクリックすると拡大します。

西→北西の方角の眺めです。

画像中央部・乗鞍岳山上部を‥

▲画像をクリックすると拡大します。

ズームしてみましょう。
眼下に見える建物や山は下記の通りです。

①頂上小屋
②肩の小屋
③旧コロナ観測所・摩利支天岳/2873m
④恵比須岳/E2,831m
⑤鳥帽子岳/E2,692m
⑥四ツ岳/E2,751m
⑦魔王岳/E2,763m
⑧富士見岳/E2,817m
⑨大黒岳/E2,772m
⑩硫黄岳/E2,554m
⑪焼岳/E2,455m
⑫北ノ俣岳/E2,662m
⑬笠ヶ岳/E2,897m

前の画像③白いドーム形屋根の建物は、旧乗鞍コロナ観測所です。

国立天文台が設置していた天体観測所でしたが、老朽化により平成22年3月31日付で天体観測所としては閉鎖されました。

その後、平成23年度より国立天文台が属する自然科学研究機構直属の研究施設’乗鞍観測所’として研究利用が再度開始されています。

▲画像をクリックすると拡大します。

今日はすばらしい天気。
北アルプスの山々が遠望です。

A.黒部五郎岳・薬師岳・笠ヶ岳
B.剱岳・立山
C.焼岳・野口五郎岳・白馬岳
D.穂高連峰

次の画像から、上記A~Dの山域をさらにズームして見てみましょう。

▲画像をクリックすると拡大します。

A山域遠望の山々です。

①笠ヶ岳/E2,897m
②薬師岳/E2,926m
③黒部五郎岳/E2,840m

▲画像をクリックすると拡大します。

B山域遠望の山々です。

①剱岳/E2,998m
②立山/E3,105m

▲画像をクリックすると拡大します。

C山域遠望の山々です。

①焼岳山頂部/E2,455m
②野口五郎岳/E2,942m
③白馬岳/E2,932m

▲画像をクリックすると拡大します。

そして、遠望のハイライト。
D山域は穂高連峰の山々などが遠望です。

①鹿島槍ヶ岳/E2,889m
②槍ヶ岳/E3,180m
③大喰岳/E3,101m
④ジャンダルム/E3,163m
⑤奥穂高岳/E3,190m
⑥前穂高岳/E3,090m
⑦東天井岳/E2,814m
⑧安房山/E2,219m

▲画像をクリックすると拡大します。

いやぁ、すばらしい!
パノラマモードでカシャ。

▲画像をクリックすると拡大します。

続いて、東~南への眺めをパノラマモードで撮影。
カシャ。

▲画像をクリックすると拡大します。

正面をズームすると、中央アルプスと後方に南アルプスの山々が一望です。

①木曽駒ヶ岳/E2,956m
②空木岳/E2,863m

畳平へ下山

6:43
名残惜しいですが、下山します。
登って来た道を戻りましょう。

大パノラマを眺めながら下山します。

7:15
頂上小屋から24分。
肩の小屋に戻りました。

今、登頂した乗鞍岳/主峰剣ヶ峰を眺めます。
我ながらよく登ったなぁ。

高山植物の花。
ミヤマリンドウが可憐に咲いていましたよ。

▲画像をクリックすると拡大します。

=乗鞍岳=
それを少し誇調して言うと、
穂高信者は
闘争的で、現実的で、ドライなのに引きかえ、
乗鞍信者は平和的で、浪漫的で、ウェットである。

※深田久弥’日本百名山’の一節より。

あっ!
9月だと言うのに、雪がありますよ。

この一帯は乗鞍大雪渓で、例年8月中旬までスキーやボードを楽しむことが出来るそうです。

▲画像をクリックすると拡大します。

乗鞍高原が一望!
バスが登ってきた乗鞍エコーラインが蛇行しているのがわかりますね。

肩の小屋からゆるやかに下っていきます。
正面の山は、朝登った富士見岳です。

不消ヶ池です。
山頂付近には、8箇所に12個の火口湖と堰止湖があります。

不消ヶ池は、不動岳から東側に発達した氷河地形(カール)の推積物により堰き止められて湛水した氷食湖です。

ゴールとなる畳平が見えてきました。

畳平には、お花畑があります。
ちょっと、寄り道していきましょう。

7:46
お花畑に着きました。
色々な高山植物が見れると思ったのですが、もう9月なので花は咲いていませんでした。

▲画像をクリックすると拡大します。

畳平のお花畑に咲く高山植物の花々です。
これで、見たことにしておきます。

お花畑から階段を上ると‥

7:52
登山開始から2時間57分。
E2,702mの畳平に到着。
ゴール!です。

畳平にある鶴ヶ池を見ていきましょう。

鶴ヶ池はカルデラ内の火口原(平坦部)に水が湛えられる火口原湖との説がありますが、堰止湖とする考えもあるそうで、実態は定かではありません。

大黒岳(左)・富士見岳(右)と鶴ヶ池をパノラマモードでカシャ。

=乗鞍本宮=
無事に下山できたことに感謝して‥
パンパン.礼。

乗鞍岳登山まとめ

無事に乗鞍岳登山を終えました。
山頂近くまでバスで行け、畳平から往復3~4時間ほどで3,000m峰の頂に立つことができる乗鞍岳は
北アルプスの中でも最も手軽に登山できる山ですが、下記の注意点があります。

①下界からバスで一気に登って来て標高3,000mとなると、人によっては類高山病にかかる場合が
あるので、ゆっくりと歩きましょう。

②畳平→肩の小屋は車が走れるなだらかな傾斜の広い道ですが、肩の小屋→山頂はザレた急斜面の
 登山道となるので、足元がしっかりとした靴で行きましょう。

③下界は暑くても、標高3,000m一帯となると、9月でも朝方は寒いです。
 また、山の天候は急変しやすいので、防寒と雨対策はしっかりとするようにしましょう。

④乗鞍岳は主峰剣ヶ峰まで畳平から往復3~4時間ほどですが、無理は禁物です。
 剣ヶ峰まで行かなくても富士見岳などは畳平から20分ほどで登れます。
 体調にあわせて登山を楽しみましょう。

天候に恵まれ、楽しい登山になりました。

この後、バスに乗って下山しました。

🚌長野県側・乗鞍高原へのバス➡アルピコ交通
🚌岐阜県側・平湯温泉へのバス➡濃飛バスアルピコ交通

ご覧下さいまして、誠にありがとうございました。